兆(きざし)

兆(きざし)

※実店舗と共有在庫のため、品切れの場合があります。

兆(きざし)

伝統の銘「兆」が新感覚の“釣り込める硬式胴調子”で復活!
新感覚の“硬式胴調子”を有し、管理釣り場から野釣り、浅ダナからチョウチン釣りまで幅広く対応するオールラウンドロッド。
その主な特徴は、これまでのダイワ並へらラインナップになかった“胴が積極的に働く胴調子”であること、また最新のテクニック・釣り場環境に適応した大型対応の硬式であること。
これまで“胴調子”というと、しなやかでへらの引きを楽しむ竿のイメージであったが、「兆」は曲がって戻るカーボン素材の反発力を有効に活用して積極的に胴を曲げるバランスとすることで、しなやかなのに強い(パワーのある)新しい調子を実現している。

「兆」は『株理論』と同じく、最大曲点の移動はスムーズであるものの、より積極的に胴を働かせるために、曲がりの支点が穂先先端からではなく#2・#3の部分より始動するように作られている点が『株理論』採用の竿と異なる。
『株理論』が和竿の理想を追求したオートマチックな調子を追いかけているのに対し、「兆」はカーボン素材ならではの特徴を活かし、釣り師が竿を操っている感を味わえるセミオートマティックな使用感にこだわっている。
とはいえ、これまでの『株理論』設計のノウハウ蓄積がベースとなって開発されているため、スムーズなへらとのやり取りは変わらず楽しめる。

硬式胴調子のメリット
■大型の突っ込みにも胴のタメが効くので細糸でも切れにくい。⇒特に大型べらの多い桟橋で有効。
■シビアなエサ付けでも振り込みがしやすい。⇒昨今のセット釣りの微妙なエサ付け、激柔両ダンゴのシビアな振り込みにも穂先が負けず、胴のしなりが使いやすいので振り込みのコントロールが自在。
■大型だけでなく、中・小型へらでも胴がしなるので釣っている感が楽しめる。⇒いろいろなサイズのへらが釣れる野釣りでも引きを楽しめる。

朱段塗りが釣り場で映える「兆」の竿掛け・玉ノ柄!
■竿掛は小仕舞い使用も1セットでカバーする4継2本仕舞。
■玉ノ柄は管理から野釣りまでカバーする追い継ぎ2本物を採用。握りは「兆」と同じ仕様。
■へら竿「兆」とベストマッチするデザインではあるものの、単体でも汎用性が高く釣り場で映える朱段塗りデザイン。

名前全長(m)継数(本)自重(g)先径(m/m)元径(m/m)定価販売価格ポイント在庫
7尺2.103411.06.541,04028,728287Pお取り寄せ
8尺2.403461.06.946,44032,508325Pお取り寄せ
9尺2.703551.07.352,38036,666366P1
10尺3.003641.07.757,78040,446404P1
11尺3.304711.08.163,72044,604446P1
12尺3.604751.19.169,66048,762487Pお取り寄せ
13尺3.904851.19.375,06052,542525P2
14尺4.204881.19.581,00056,700567Pお取り寄せ
15尺4.505921.110.086,94060,858608P1
16尺4.805981.110.593,42065,394653P1
17尺5.105981.111.298,82069,174691P1
18尺5.4051031.111.8104,76073,332733P1
19尺5.7061151.112.6116,64081,648816Pお取り寄せ
21尺6.3061281.113.2134,46094,122941P1
竿掛2本物2.0941907.512.064,80045,360453Pお取り寄せ
玉ノ柄2本物1.71216012.143,20030,240302Pお取り寄せ
特長